PET樹脂の試作用部品

カテゴリー: 製品紹介


材料:PET t=0.8mm
寸法:47.5×68
個数:1個
製作日数:2日

金型をおこして材料を抜くにしては数が少なくて金額も高くなってしまう…、そのような場合に適した加工を紹介したいと思います。

弊社は樹脂全般の加工を行っているのですが、その中でもフィルム材と呼ばれる厚みが1mm以下の材料も取り扱っております。

通常フィルム材の外形はビク型と呼ばれるものだったり刃物を付けた型を製作して、プレスと呼ばれる機械で材料を抜くのですが、数が少ないものだと型を作るのにもお金がかかってしまうということがあります。

その場合は弊社では数が少ないフィルムの製品に対しては削り出して形にする方法をとっています。

今回もPET樹脂0.8mm厚で一個の試作品ということでしたので、抜き加工ではなく切削で外形を作り、その後曲げ加工をしました。

PET樹脂はねちっこく切削時に発生する熱で溶ける場合がありますので、製作時には注意が必要になります。

折り曲げは展開図を描く時の内寸法と外寸法にも気を付けなければなりません。

結果的には型代を作らないで製作できたので、コストダウンにもなり良い提案が出来たと思います。

 

image4
image3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


↑トップへ