工場の機械が空いていれば特急も当日仕上げ可能な場合もありますが、機械が混みあっている状態では短納期も難しくなります。また,その状態で加工しても品質やコストの低下にもなり兼ねないので、短納期や特急で必要な場合には事前に加工工場と連絡を取り合い、最善の方法を打ち合わせすると良いかと思います。
加工では困難な形状程、時間がかかり、場合によっては特殊な工具も必要になってきますので、可能な限り簡易的に加工できる形状を考える事で納期もコストも抑える事が出来ます。

会社概要

会社概要を見る
NEWS
【展示会情報】「産業交流展2018」に出展致します
お問い合わせお問い合わせ