樹脂の加工方法は、切削加工、成形加工、3Dプリンターも普及しており、試作から量産まで加工方法は様々です。
樹脂の素材も素材選定で説明した通り、物性により使用用途が様々で、限られた使用状況(耐熱、摩耗性、摺動性等)から樹脂を素材選定したり、軽量化をするために金属から樹脂に素材変更する場面もあります。
お客様の使用用途を伺う事により、コストダウンだけではなく、コストパフォーマンスによって受注側と発注側の両サイドにプラスになる加工を提案出来ればと考えています。
また、数量や形状によっても加工方法は全く違い、試作・小ロットは切削・3Dプリンター、中ロットまでは切削加工、量産になった場合は成型加工等、様々な加工方法を考える事が出来ます。
寸法の精度や切削面の面粗度も必要がない場合には、ノコカットと呼ばれる、鋸で切断しただけの仕上げもあります。
オーエムは、樹脂切削加工を得意としておりますが、様々な分野の協力会社とのネットワークを構築しており、異業種分野でもご相談があれば必ず答えが出せる体制を整えております。

会社概要

会社概要を見る
NEWS
【販売会情報】「あだちものづくりセレクション at 2k540」でbtrailを販売致します
お問い合わせお問い合わせ