樹脂を切削加工する際に「バリ」と呼ばれる、素材のトゲやケバが残ってしまいます。通常、図面にはほぼ「バリなきこと」だったり、面取りと呼ばれる後工程が記載されており、部品を使用する作業員に危害が加わらないように後工程として、バリを除去します。このバリを取る作業によって、加工はさほど時間がかからないのに、バリ取り作業で多くの時間を費やす事もあります。機械加工でバリを取れれば良いのですが、手作業になってしまう場合も多々ありますので、バリが使用する際にさほど作用されない部品に設計する事も考えると納期短縮に繋がります。
最終工程には樹脂に両面テープを貼る作業もありますが、一体貼りと部分貼りの方法があります。一体貼りだと抜き型を作成して貼るので、部分貼りで両面テープを貼っていく方法が短納期に繋がります。

会社概要

会社概要を見る
NEWS
【販売会情報】「あだちものづくりセレクション at 2k540」でbtrailを販売致します
お問い合わせお問い合わせ