切削加工とは素材を刃物を使用して削り、求められる寸法や形状にしていくことを意味します。弊社はフィルム、ブロック、丸棒と呼ばれる形をした樹脂から刃物を使用して削っています。
切削加工は寸法精度が細かく出せることと、様々な形状を切削出来る事ができるので、形状が複雑な部品も製作可能です。
しかし、精度が必要な樹脂加工品で十分注意しなければならないのは、材料の性質や加工時に発生する材料への影響です。加工時に発生する熱での変形や剛性による寸法公差のずれ、また湿度や温度で寸法に影響を与える材料もあります。
簡単な形状でしたら、量産はコストも時間もかからないので、切削加工でも安価に量産加工は可能です。複雑な形状になると時間とコストがかかるため、数量により、3Dプリンターで造形する方法、または金型を製作し成形する方法もあります。
2次切削加工という方法もあり、成形で製作された部品を、精度が必要な箇所、または追加で必要になった穴あけや角窓などを加工する方法もあります。

会社概要

会社概要を見る
NEWS
【展示会情報】「産業交流展2018」に出展致します
お問い合わせお問い合わせ