加工例EXAMPLE

【STUDY|材質】POM?ジュラコン?デルリン?ポリアセタール?これで迷わない図面の材質名称

同じ素材でも異なる表記なのはなぜ?

材質の呼ばれ方が人によって違って、本当に同じ材質で加工してよいか確認する場面があります。
実際に図面を見る際、加工形状や寸法公差を見ながら、同時に直ぐ確認するのが材質表記です。
この形状でこの材質なら加工出来ると考えながら図面を見ます。

見積りをする際も同じ考え方ですが、迷ってしまう場面があるのが、材質の記入がPOM,ジュラコン、デルリン、ポリアセタールのどれかの場合です。

1.名称と略号の違い

実際、最近の図面上で材質をされているのはPOM(ポム)が多いのではないでしょうか。
POMは略号で、正式名称はポリアセタール・ポリオキシメチレンと呼びます。
またその名称がポリアセタールです。

POMは、長すぎる正式名称を簡略化させています。

・正式名称:ポリアセタール・ポリオキシメチレン
・名称:ポリアセタール
・略号:POM

さらに詳しく説明すると、POMはコポリマーとホモポリマーと呼ばれる分子構造に分ける事が出来て、

・コポリマー:熱安定性、耐薬品性が良い
・ホモポリマー:柔軟性に優れている

この2つの構造からなっているのですが、基本的には細かく考えずにPOMの素材一括りとして考えてもらえれば良いと思います。

2.ジュラコンとデルリンの違い?

POMを製造しているメーカーは、ポリペンコ・東レプラスチック精工等がありますが、昔からPOMを作っているメーカーがポリプラスチックスとデュポンです。

その両社が製造しているポリアセタールの商品名をジュラコン・デルリンと呼びます。

ポリプラスチックス:ジュラコン
デュポン:デルリン

補足として、昔からある図面はPOMではなくジュラコンと記載されているのが多いです。

まとめ

図面に記載されている表記でも異なったメーカーが製造するため、メーカー指定で記載されている場合には、加工する前に確認を取ってから材料を選定します。
また、ポリアセタール、又はPOMの表記で図面に記載されている場合には、価格面、加工面、使用状況で判断して適したPOMの素材を使用して加工致します。

同素材でも色の種類もあり、その表記も種類があるので、次回は色の表記について説明します。


NEWS
【工場見学】日本工学院デザインカレッジの学生様が工場見学にいらっしゃいました。
お問い合わせお問い合わせ