絶縁体用エポキシガラスの平板切削加工品

カテゴリー: 製品紹介


材料:エポキシガラス t=2
寸法:255×315
個数:3枚
製作日数:1日

絶縁体で使用されるエポキシガラスの平板切削加工品です。

エポキシガラスはガラス繊維の布にエポキシ樹脂液を染み込ませ、熱硬化処理を施した材料です。

難熱性で低導電率に長けている為、プリント基板や電子部品などに広く使用されています。

ガラス繊維が入っている樹脂なので加工が難しく、切削するときに発生する切り粉が機械に入り込み精度に影響する為、集塵に気を配りながら加工します。

 

IMG_1008

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


↑トップへ