材料:ポリエステルフィルム t=0.188mm
寸法:27×47.5
個数:計1500個
製作日数:5日

絶縁体として使用されるポリエステルフィルムの加工品です。

パソコンの内部部品に電気を通さないようにする(絶縁体)、0.188mmのポリエステルフィルムを部品にかぶせるカバーです。

今回は1500個ですので抜型と呼ばれるベニヤに刃物を埋め込んで抜くビク型を作成して外形を抜いてから、プレスと呼ばれる刃物でフィルムを折り曲げる機械で加工しました。

折り曲げで注意しないといけないことは力加減でフィルムが切れてしまうこと、
展開図を描く時の内寸法と外寸法にも気を付けなければなりません。

 

image2

image5

 

 

製品展示用アクリル什器

カテゴリー: 製品紹介


材料:アクリルキャスト板 t=2mm
寸法:90×75
個数:計10個
製作日数:4日

お客様から製品展示用の什器を作成してほしいとの依頼がありました。

急遽展示に必要となり、特急で製作してほしいとの事でしたので、打ち合わせから製品完成まで4日で仕上げました。

製作につきましては展示用ですので展示物の見栄えをより良くする為にアクリル什器の側面に磨きをかけて光沢を付けます。

今回はNCルーターによる板材からの切削しバフで磨きした後、折り曲げは曲げ部分のRはそこまで気にしないという事で型を使わず加工しました。

アクリル2mmの折り曲げ加工なので配送中に破損が無い様に製品の梱包も注意が必要です。

アクリルは展示用ディスプレイや什器によく使用され、製品をより良く見せることが出来ます。

弊社にもお客様からアクリル什器やディスプレイ関係の製品を依頼され、1個からでも製作致しますので御連絡頂ければと思います。

 

IMG_1088

IMG_1087

実験治具用アクリル製円盤

カテゴリー: 製品紹介


材料:アクリルキャスト板 t=8mm、10mm
寸法:φ100
個数:計6枚
製作日数:1日

水の中で使用されるパイプとパイプの間に取り付ける実験治具用のアクリル製円盤です。

dxfデータを頂いたのでそのままCADデータをCAMに移行して切削加工しました。

φ100なので旋盤での加工も可能なのですが、平板面の綺麗さを重視したので今回はNCルーターでの切削です。

円盤の中にも径の違う穴をあけ、1種類にはM5のタップも加工しています。

今回はすでにCADデータがありそのまま加工できたのもそうですが、6枚という小ロットのなか、

弊社では1個からでも製作致しますので、試作品やカタチにしたいモノがございましたら御依頼頂ければと思います。

IMG_1076IMG_1077


材料:透明アクリル 平板3mmと丸棒φ4
個数:各1個
製作日数:1日

東京国際フォーラムで行われた江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2014の展示会用に出展した際に製作したアクリル製のアクセサリーとディスプレイ用の什器です。

土台はアクリルを円形に切削・丸棒やパイプを接着し、アクセサリーをぶら下げられるように作成。

アクセサリーはアクリルを何枚も重ねて接着し、一つ一つ切削して加工したスマホジャックとピアスです。

什器は弊社女性社員により、ポンチ絵とブースでの展示をイメージして製作しました。

展示会用の什器等、御相談を頂ければ製作致しますのでお問い合わせ下さい。

 

IMG_1070


材料:エポキシガラス t=2
寸法:255×315
個数:3枚
製作日数:1日

絶縁体で使用されるエポキシガラスの平板切削加工品です。

エポキシガラスはガラス繊維の布にエポキシ樹脂液を染み込ませ、熱硬化処理を施した材料です。

難熱性で低導電率に長けている為、プリント基板や電子部品などに広く使用されています。

ガラス繊維が入っている樹脂なので加工が難しく、切削するときに発生する切り粉が機械に入り込み精度に影響する為、集塵に気を配りながら加工します。

 

IMG_1008


材料:アクリミラーMRH-001 ハーフミラー t=3
寸法:175×225
個数:8枚
製作日数:2日

ATM外部部品のアクリルの樹脂版にアルミを真空蒸着させたミラーを切削加工しました。

コンビニなどにあるATMのスクリーン近くに貼られるミラーなので、割れ難い素材として選ばれました。

アクリルミラーの特色としてはガラスに比べて軽い・割れないで安全・加工が容易・反射率が優れています。

ディスプレイ、雑貨、什器など様々な分野で使用されています。

樹脂系のミラーはアクリルの他にもポリカーボネートなどもあり、板厚も0.5mm~5mmまであります。

 

アクリミラー
アクリミラー

IMG_1006


材料:アクリル丸棒(泡入)
寸法:φ10~80
個数:‐
製作日数:‐

お客様より御依頼頂きました気泡入りアクリルのサンプルです。

アクリルは無垢の丸棒やパイプの他に気泡入りの丸棒もございます。

お店のディスプレイ等に使用されることもあり、LEDや光を照らす事でまるで泡が浮いているような見え方になります。

写真の太さはφ40ですが、φ10~φ80まであります。

 

IMG_0920


材料:POM
寸法:30×60×10t
個数:10個
製作日数:3日

ライン生産で大型機械の中に使用される部品の一部をPOMと呼ばれる樹脂で切削加工した製品例です。

特殊な形をしており、部品自体も小さいのでマシニングを使わず、テーブルサイズが400×600の小型NCルーターで切削しました。

材料の吸着は一般的なルーターですとエアー吸着と呼ばれるテーブルの下に穴が開いていて、そこを吸着器で吸って吸着する方法があるのですが、今回は小さな部品ですので両面テープで固定しながらの吸着です。

刃物の径、回転速度、送りなどにも注意して材料が飛ばないように注意が必要です。

ちなみに、POMは略号でポリアセタールという樹脂で、デュポン社で製造されているのがデルリンでポリプラスチックス社が製造しているのがジュラコンです。

 

IMG_0998


材料:アクリル押出版
寸法:100×150×3t
個数:100枚
製作日数:1.5W

お客様から御依頼頂き、製造工程を変える提案をしました研究用のアクリル治具板です。

ゲル剤の型を作るために置く治具です。

製作前に使用していたお客様の治具は、アクリルの平板の上に1mm×5mmのアクリル材を接着して使用していたのですが、強度に弱くアクリル材が取れてしまい良い提案が無いかとの事でした。

そこで3mmのアクリル平板から削り出して1体物として製作致し、最後はバフで磨き加工をして完成です。

弊社は治具の製作も致しており、お客様がお困りの案件も打ち合わせを致しましてより良い製品に出来るよう最善を尽くしております。

 

IMG_1003
IMG_1004


材料:ベークライト
寸法:11.5×38.5×3t
個数:10個
製作日数:2日

電子機器内部に入るUL規格の紙ベークライトの切削加工です。

ベークライトには紙入りと布入りがあります。違いとしましては強度の違いで布ベークの方が一般的に強度があります。

ベークライトは難燃性や耐熱性に優れていますが、水分を吸収しますので扱いに注意が必要です。

今回の加工では個数が少ないこともあり、フライスと呼ばれる機械で加工致し、ボール盤でネジ切もしています。

材料が何を使用すれば適正なのか御質問などがございましたらお問い合わせ下さい。

 

IMG_0986

次のページ

前のページ

↑トップへ