材料:テフロン 0.2mm
寸法:約15×25
個数:3000個
製作日数:7日

自動馬券支払機でお札のジャムを防ぐために使用される内部部品です。

テフロンは耐熱性・耐薬品性・低摩擦特性などに優れているスーパーエンプラと呼ばれるプラスチックの一種です。

工業用品に主に使用される材料で、平板と丸棒があります。

テフロンはフライパンなどの表面コーティングで有名ではないでしょうか、粘着しにくいという特性もあります。

お札がジャムらない様、今回は粘着しにくいテフロンを使用致しました。

熱に強いこともあり、比較的切削加工はしやすい素材になります。

今回は数も多いので本型を製作し、寸法精度も保ちながらの抜き加工で対応致しました。

ビク抜きでは出せない寸法公差も本型のプレスを使用し、±0.05台も可能ですので
寸法公差が必要な量産でお困りの加工や御質問がございましたらお問い合わせ頂ければと思います。

 

IMG_1714

IMG_1715


材料:アクリル(黒) 3mm
寸法:500×45
個数:200個
製作日数:2日

オークション会場で使用される液晶モニターを固定するための置台をお客様からの御依頼で作成致しました。

固定する為の部品で色指定があったので、今回はアクリルを使用しました。

アクリルは切断、曲げ、接着と加工の幅が広く、看板や建築関係でも使用される材料です。

この製品についてはNCルーターで外形と穴開けを施した後に、熱曲げにより材料を90°に曲げて最後に両面テープを貼って完成です。

細長い製品ですのでルーターで加工する場合に材料が動かないで加工できるようにする事が難しく、いかに動かないように固定するかを確かめながらの加工でした。

個数が200で短納期でしたが、曲げ加工も含めて2日で仕上げる事が出来、お客様も満足頂けたようでした。

特急品や板材の量産も可能ですので、お困りの加工や御質問がございましたらお問い合わせ頂ければと思います。

IMG_1710

IMG_1711

POM留め具治具

カテゴリー: 製品紹介


材料:POM 2t
寸法:30φ
個数:200個
製作日数:1日

POMまたはジュラコンと呼ばれる樹脂材料の削り出しです。

POMはアクリルやポリカ、ABS等の樹脂よりも比較的削りやすい素材でエンジニアプラスチックの1種です。

色はナチュラル(白)と黒がありますが、透明な素材はありません。

耐摩耗性等の長所がある為、工業用部品の中では幅広く使用される素材で、ベアリングや歯車にも使用されています。

今回加工した部品はお客様からイラストレーターで図面を頂いていましたので、弊社でdxfデータに書き出しをして加工致しました。

内Rを最少にするために刃物はφ1.5を使用して溶けない様注意しながらの加工となりました。

個数が200でしたので実稼働は1日もかからず、御注文を頂いてから翌日納品が可能でした。

特急品や板材の量産も可能ですので、お困りの加工や御質問がございましたらお問い合わせ頂ければと思います。

 

IMG_1713


材料:アクリル
寸法:—
個数:1個
製作日数:7日

お客様から商品開発でアクリル内部塗装の御依頼があり、サンプルとして製作しました。

アクリルにφ20の穴開けをし、外周はバフ仕上げ。

その後、協力会社の印刷屋にお願いをして内部塗装を施して頂きました。

均一に塗られていて外見のムラもない状態に仕上がっています。

内部塗装の他にも弊社ではシルクスクリーン、パッド印刷、インクジェット等を協力会社と一緒に加工可能ですので、樹脂関係に印刷したい等でお困りでしたら御連絡ください。

IMG_1563

IMG_1565


材料:アクリル丸棒φ30、アクリル丸棒φ4
寸法:アクリル丸棒φ30 L45mm、アクリル丸棒φ4 L20+L5
個数:1個
製作日数:2日

医療系の装置を開発・設計しているお客様からの御依頼で製作致しました。

φ30のアクリル丸棒を切削し、丸棒φ4にφ2の穴を貫通させて90度に接着いたしました。

パイプの曲げ加工になると内径からも外形からもパイプが入らなくなる寸法の為、今回は強度の心配はありましたが接着加工にてL字型にし、治具を作成して途中で接着させました。

見た目は簡単そうに見えるのですが、φ0.3の穴を20mm寸法精度が精級で貫通や接着など難しい箇所が何か所もあったことで非常にやりがいのある加工品でした。

試作から量産まで特急対応で承っておりますのでアクリルや樹脂でお困りでしたら御相談下さい。

IMG_1465

IMG_1456

IMG_1456

IMG_1455


材料:アクリル透明 t=8、10mm アクリルパイプ
寸法:ポンチ画と既存ホルダーより寸法計測
個数:2個
製作日数:2日

先日の日刊工業新聞”その加工「おまかせあれ」”を拝見したお客様よりトイレットペーパーホルダーの試作製作依頼がございました。

実際の図面などは無く、お客様が持参していた既存のホルダーとポンチ画より製作致しました。

カタチを見てみたいという事だったので全てアクリル透明で切削加工と接着加工で製作。

補強が必要な部分にはネジを使用し固定致しました。

図面が無いが、イメージしたカタチを実際に作ってみてみたいなどの御要望も私たちはお手伝い致します。

樹脂でお困りのことがございましたら、こちらからお問い合わせ下さい。

 

IMG_1325

IMG_1323


材料:アクリル蛍光色 t=3
寸法:-
個数:2個
製作日数:2日

お客様からアルディーノのケースが無くて困っているという御要望があり製作しました。

アクリルの接着部分を45度で削り強度も増し、アルディーノ自体も見えるようにアクリルのガラス色と蛍光色で作成。

アルディーノの端部分に穴が開いているのでネジで止められるようにケースにネジ穴を加工。

市販のアルディーノケースとは異なり、開け方にも一工夫入れて音が開け閉めでパカパカとなる様にしたところお客様からも満足頂きました。

アルディーノケースの他にもラズベリーパイやkonashiなどのケースも製作致します。

アクリルケースも製作していますので、こちらからお問い合わせ下さい。

 

arduino case

塩ビ製工業用機械保護カバー

カテゴリー: 製品紹介


材料:塩化ビニル(PVC) t=3
寸法:60×75×75mm
個数:計10枚
製作日数:2日

工業用機械の設計会社から保護カバーの依頼で製作致しました。

塩ビの板を張り付ける事も可能でしたが、今回は3面折り曲げによる加工に致しました。

図面は折り曲げ後の寸法が入っていますので、折り曲げ前の一枚板の寸法を計算しまず最初に展開図と呼ばれる図面を描きます。

次に展開図をもとにcad/camで切削条件等を機会に読み込ませてNCルーターにより外形と穴開けを致しました。

塩ビは材料がねちっこく(アクリル等に比べて柔らかい)、切削する場合は加工中の切削で起きる熱で溶けないように加工する事とバリが出来るだけ出ないようにする事が大事です。

因みに塩ビは可塑剤類が浸出する可能性が高いということと焼却によって出る有害廃棄物が環境汚染の恐れが強いという理由からRoHS規制となっています。

弊社では独自の清掃管理を順守して加工後は他の加工品と触れ合ったりせずに機械や工具の入念な清掃をして対策をしています。

RoHSとはRestriction of Hazardous Substanceの略で危険物質の制限という意味です。

詳しくはこちらに説明されています。

弊社はRoHS対応可能な条件を満たす樹脂精密切削加工屋で、材料証明書の発行も致しております。

試作や単発の工業部品でお困りならまずは御相談下さい。

 

IMG_1298
IMG_1299


材料:ABS板(黒) t=0.5mm
寸法:15×55mm
個数:計100枚
製作日数:1日

光学レンズ装置を設計・開発されているお客様より内部部品の依頼で製作致しました。

レンズ装置という事でABSはナチュラル色ではなく黒を使用し、

溝部分の角部にも他の部品が入らなくてはならないということで、今回は内Rが付かないようにフライスで全加工致しました。

寸法公差は製作時に±0.05。

弊社は樹脂の様々な板厚も揃えており、切削可能でしたら板厚引きも行っております。

試作から量産まで特急対応で承っておりますのでアクリルや樹脂でお困りでしたら御相談下さい。

ABS板(黒) t=0.5

PET樹脂の試作用部品

カテゴリー: 製品紹介


材料:PET t=0.8mm
寸法:47.5×68
個数:1個
製作日数:2日

金型をおこして材料を抜くにしては数が少なくて金額も高くなってしまう…、そのような場合に適した加工を紹介したいと思います。

弊社は樹脂全般の加工を行っているのですが、その中でもフィルム材と呼ばれる厚みが1mm以下の材料も取り扱っております。

通常フィルム材の外形はビク型と呼ばれるものだったり刃物を付けた型を製作して、プレスと呼ばれる機械で材料を抜くのですが、数が少ないものだと型を作るのにもお金がかかってしまうということがあります。

その場合は弊社では数が少ないフィルムの製品に対しては削り出して形にする方法をとっています。

今回もPET樹脂0.8mm厚で一個の試作品ということでしたので、抜き加工ではなく切削で外形を作り、その後曲げ加工をしました。

PET樹脂はねちっこく切削時に発生する熱で溶ける場合がありますので、製作時には注意が必要になります。

折り曲げは展開図を描く時の内寸法と外寸法にも気を付けなければなりません。

結果的には型代を作らないで製作できたので、コストダウンにもなり良い提案が出来たと思います。

 

image4
image3

次のページ

↑トップへ